難聴になった場合、仕事ができるのか心配という方も多いのではないでしょうか? 耳が聞こえないとなると仕事に大きな支障をきたすので、働くことができないと思っている人も多いですが、そんなことはありません。 難聴でも仕事をしている人はたくさんいるので、安心してください。 しかし、難聴の場合だとやれる作業が限られるので、仕事の範囲も限定されてしまいます。 例えば、営業職やコールセンターといった電話をかけることが多い仕事は向いていません。 難聴のレベルにもよりますが、普通の接客業であれば、活躍している人もいるので、できないことはないです。 ただ、やはり言葉でのコミュニケーションが多い仕事は難しいといえます。 そして、これはどの職場でも同じですが、同僚とコミュニケーションを取ることができず、人間関係が原因で辞めてしまうケースが多いです。 また、意思の疎通を図ることができず、大きなミスをする可能性もあります。 難聴でもできる仕事といえば、パソコンを使った作業です。 パソコン関係の仕事なら、それほどコミュニケーションを必要としないので、問題無く続けられるでしょう。